PDF Expert のダウンロードありがとうございます。

PDF Expert のインストール方法をご覧になるには、「再生」をクリックしてください。

PDF Expert をインストールする方法

00:19

ダウンロードが自動的に開始されない場合は、こちらをクリックしてください。

PDF Expert for Mac runs only on macOS

Enter your email and get a link to download PDF Expert directly from your inbox:

PDF Expert for Mac

Send

Thank you. We will send you link shortly.

複数のデバイスで同じドキュメントを操作することが多いときは、ファイルを同期しておき、どこからでもアクセスできるようにしておくと大変便利です。PDF のドキュメントを同期しておくと、編集した内容注釈付けした内容も同期されるので、いつでもどこでも最新状態のファイルを開くことができるようになります。例えば、外出先で iPad を使って注釈付けした箇所は、自宅の Mac でも表示されるので、同じ操作を何度も繰り返したり、ファイルを移動したりする必要がありません。

PDF Expert を使うと、iPhone や iPadMac で PDF を快適に編集できるようになります。さらに、もしあなたの複数のデバイスに PDF Expert がインストールされている場合は、ドキュメントの編集内容を簡単に同期することができます。このページでは、その方法をご紹介します。

複数のデバイスからドキュメントを編集する

Mac で編集し始めた PDF ドキュメントは、そのまま iPad または iPhone で編集し続けることができます。例えば、Mac で編集した契約書を iPad で開いて Apple Pencil で署名することができます。デバイス間を跨いだドキュメント編集には、Readdle Transfer を使うと便利です。PDF Expert なら、いつでもどこでも最新状態のドキュメントを開くことができます。

Readdle Transfer を使用する前に以下の項目をご確認ください:

  • すべてのデバイスに PDF Expert がインストールされていること。
  • すべてのデバイスが同じ Wi-Fi ネットワークに接続していること。
  • すべてのデバイスで同じ Apple ID を利用していること。
  • すべてのデバイスで iCloud が有効になっていること。

Mac から iPad・iPhone にファイルを転送する方法

  1. お使いの Mac から PDF Expert を使ってファイルを開きます。
  2. iPhone または iPad の PDF Expert で「Mac」タブを開きます。
  1. あなたの Mac 上で開かれたファイルが表示されるので、必要な PDF を選択します。
  2. これだけです!Mac で作業を中断した箇所から再開することができます。
  3. iPhone・iPad でドキュメントの内容を変更すると、Mac の PDF Expert でもドキュメントを更新するかどうかのポップアップウィンドウが表示されるので「再読み込み」をクリックします。
  1. ドキュメントが Mac で変更されている場合は、iPhone・iPad で「再読み込み」ボタンをタップして、最新バージョンを保存します。
  2. iPhone または iPad でファイルを閉じときに、同期されていない編集内容がある場合は、PDF の保存場所(Macに保存または iOS デバイスに別のコピーを作成)を選択することができます。

注意: Mac から転送されたファイルのコピーは iOS デバイスに自動的に保存されないため、注意が必要です。保存するためには、画面右上の「…」ボタンをタップして「コピーを保存」を選択します。ただし、このファイルが iCloud または他のクラウドサービスと同期されている場合は、手動で保存する必要はありません。

iPad・iPhone から Mac にファイルを転送する方法

  1. お使いの iOS デバイスから PDF Expert を使ってファイルを開きます。
  2. Mac で PDF Expert を起動します。画面上部にある青いボタンをクリックして、iPhone または iPad のファイルを選択します。
  1. iOS デバイスのドキュメントが表示されます。
  2. 開いたドキュメントを Mac で編集すると、iPhone または iPad の PDF Expert にあるドキュメントにも編集内容を反映することができます。そのためには、「再読込み」ボタンを押します。
  3. Mac でファイルを閉じときに、同期されていない編集内容がある場合は、PDF の保存場所(iOS デバイスに保存または Mac に別のコピーを作成)を選択することができます。

注意: iOS デバイス から転送されたファイルのコピーは Mac に自動的に保存されないため、注意が必要です。保存するためには、「ファイル」>「保存」>「Mac に保存」を順番にクリックします。ただし、このファイルが iCloud または他のクラウドサービスと同期されている場合は、手動で保存する必要はありません。

この他にも、デバイス間でファイルを移動する方法があります。詳しくは「Mac または PCから iPhone・iPad に、またはその逆にファイルを転送する方法」をご覧ください。

iCloud 経由でファイルとフォルダを同期する方法

Apple のデバイス間でファイルを同期するときは、ぜひ iCloud をお試しください。そのためには、Mac と iOS デバイスの両方で同じ Apple ID にサインインし、iCloud を有効にします。この設定は、Mac の場合は、「システム環境設定」>「iCloud」>「iCloud Drive」の順番で、iOS デバイスの場合は、「設定」>「あなたのお名前」>「iCloud」>「iCloud Drive」の順番で操作することで変更することができます。

iPhone または iPad で PDF Expert を起動すると、iCloud に「PDF Expert」または「Documents by Readdle」という新しいフォルダが自動的に作成されます。ここに移動された PDF ファイルやフォルダは、すべてのデバイスからアクセスできるようになります。

Mac から iCloud にファイルをアップロードする方法:

  1. Finder で「iCloud」タブを開きます。
  2. 「PDF Expert」または「Documents by Readdle」のフォルダにドラッグ & ドロップでファイルを移動します。
  3. これでファイルの同期は完了です。

iPhone・iPad から iCloud にファイルをアップロードする方法:

  1. PDF Expert を起動し、iPhone の場合は「iCloud」フォルダ、iPad の場合は「iCloud」タブを開きます。
  2. 画面右下にある青いプラスアイコンをタップして、ファイルのインポート元を選択します。
  1. そして、ファイルをタップすると、そのファイルが iCloud にアップロードされます。
  2. または、既存のファイルを PDF Expert の「iCloud」フォルダにドラッグ & ドロップします。

他のクラウドストレージと同期する方法

iOS 用 PDF Expert は、Dropbox、Google ドライブ、Box、OneDrive など、ほとんどすべてのクラウドサービスと連携します。クラウドストレージにあるフォルダを PDF Expert と同期しておけば、あなたのファイルを常に最新の状態に保つことができます。

iPad のフォルダを同期する方法:

  1. サイドバーにあるクラウドストレージをタップするか、「+ アカウントを追加」をタップして、新しいクラウドストレージに接続します。
  1. リストの中からクラウドストレージを選択し、画面上の指示に従ってサービスにログインします。
  2. 画面右上にある「選択」ボタンをタップして、同期するフォルダを選択します。
  3. サイドバーの「同期」ボタンをタップします。
  1. このフォルダはサイドバーの「同期フォルダ」タブにあります。 PDF Expert でこのフォルダのファイルを編集すると、すべての編集内容はクラウドのファイルにも反映されます。

iPhone のフォルダを同期する方法:

  1. PDF Expert の「サービス」タブを開きます。
  2. 既存のクラウドストレージを選択するか、「+ アカウントを追加」をタップして、新しいクラウドストレージに接続します。
  1. リストの中からクラウドストレージを選択し、画面上の指示に従ってサービスにログインします。
  2. 画面右上にある「選択」ボタンをタップして、同期するフォルダを選択します。
  3. 「同期」ボタンをタップします。
  1. このフォルダは、 PDF Expert の「同期フォルダ」からアクセスすることができます。 PDF Expert でこのフォルダのファイルを編集すると、すべての編集内容はクラウドのファイルにも反映されます。

注意: フォルダ全体を同期することなく、クラウドストレージにある特定の PDF ファイルだけを直接編集することもできます。そのためには必要な操作は、iOS 用の PDF Expert でクラウドストレージに接続して、必要なファイルを開く、これだけです。ファイルで行ったすべての編集内容はクラウド上のファイルに保存されます。

Mac の PDF ファイルを同期する方法:

PDF Expert for Mac から直接クラウドのファイルを編集することができます。そのためには、Mac 用のクラウドストレージアプリケーションだけです。例えば、Google ドライブのアプリケーションをインストールすると、Finder の「Google ドライブ」タブに移動して、ドキュメントを PDF Expert で開くことができます。このフォルダで行った編集内容はクラウドと同期されるので、iOS デバイスの PDF Expert からも最新のドキュメントを開くことができます。

このように、複数のデバイス間で PDF ファイルを常に最新の状態で同期することは、実は簡単なのです。PDF Expert は、Mac または iPhone・iPad に対応しています。早速ダウンロードして、便利なドキュメント同期の機能をお試しください。