ローン契約は、将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約であり、一般的には 2 者間で結ばれます。ローン契約書は、貸主 (金銭を貸付ける個人または法人) と借主 (金銭を借り入れる個人または法人) によって署名されます。

ローン契約書は、貸主と借主の間で取引行為が行われたことを証明する書面として機能します。貸主は、ローン契約書に記載された金額を借主に貸し出すことを約束し、借主は契約書に記載されている返済スケジュールに従って、その金額を利息とともに貸主に返還することを約束します。

ここで紹介するローン契約書のテンプレートは、個人ローン、自動車ローン、学生ローン、不動産ローン、事業ローンなど、さまざまなシーンで使用できます。ローンの目的に関係なく、ローン契約書の構造は同じです。どのようなローン契約書にも基本的には次の 2 つのことを約束する書面となっています。

  1. 貸主とが貸付日までに借主に貸付金額を貸し出すこと。
  2. 借主が返済スケジュールに従って、利息とともに貸付金額を返済すること。

ローン契約書にはさまざまな種類があり、その内容は目的によって異なりますが、ここでは個人間ローンの契約書テンプレートを例に、その項目を見ていきましょう。今回紹介するローン契約書は一般的な契約書であり、個人が別の個人から金銭を借りる際に使用されるものです。このテンプレートは、友人間のローン契約親族間のローン契約などで使用できます。


個人間ローンの契約書テンプレート

個人間ローン契約書は、金銭借り入れ取引を個人と個人の間で結ばれる法的文書です。このローン契約書に貸主と借主がサインすることで、金銭取引が行われたことの証拠となります。

個人間ローン契約書の項目

個人間ローン契約書には、契約の対象となっているローンの詳細とともに、貸主と借主の連絡先などを含む個人を特定するための情報が記入されます。

一般的に以下の内容が記載されるが、これに限らない。

  • 貸主と借主を特定するための詳細な情報、通常は氏名及び住所。
  • 貸付金額 (英数字と漢数字の両方で)。
  • もし必要があれば、ローンの金利。
  • ローンの貸付日。
  • ローンの返済日。
  • ローンが分割払いで返済される場合の返済スケジュール。
  • ローン契約の準拠法または合意管轄。

ローンの金額が高額な場合は、追加で保証人を記載することをお勧めします。保証人は、借主がローン全額を返済することを保証し、借主が返済できないときは、その債務の責任を負います。

最後に、無料でダウンロードできるローン契約書のテンプレートをご紹介します。このテンプレートは、PDF 形式の個人間ローン契約書なので、必要に応じて編集できます。PDF ドキュメントの内容を編集するには、iOS と Mac で使える PDF 編集アプリ PDF Expert をお試しください。PDF Expert は無料でダウンロードすることができます。

* 本サイト上で公開されているテンプレートは参照用にのみ提供されており、法的アドバイスをするものではありません。具体的な法律事項については、ご自身の弁護士にご相談ください