How to / mac

MacでPDFを画像に変換する方法

Mac向けのPDF編集アプリ「PDF Expert」は、あらゆる PDFドキュメントをJPGまたはPNG形式の画像ファイルに変換できます。今すぐPDF Expertを入手し、ぜひお試しください。

4.7 • 15万 レビュー
MacでPDFを画像に変換する方法

MacでPDFを画像に変換する方法

  1. PDF Expertを無料でダウンロードして、アプリを起動します。
  2. アプリのメイン画面にPDFファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. ツールバーで「書き出し」を選択します。
  4. 画像」オプションを選択します。

  1. ファイル名とファイルを保存する場所を指定します。

  1. ファイル形式」で「JPG」を選択し、「保存」をクリックします。
  2. PDFドキュメントが複数のページで構成されている場合、各ページは個別のJPGファイルとして保存されます。

新しく作成された画像ファイルには、PDFファイルの各ページに応じて、ページ番号による名前が与えられるため、必要な画像ファイルを簡単に見つけることができます。

今度は、MacでPDFファイルをPNG形式の画像に変換する方法を見てみましょう。

MacでPDFドキュメントをPNG画像に変換する方法

  1. PDF Expertを無料でダウンロードして、アプリを起動します。
  2. PNG画像に変換したいPDFドキュメントを選択します。
  3. ツールバーで「書き出し」を選択します。
  4. 画像」オプションを選択します。
  5. ファイル名とファイルを保存する場所を指定します。
  6. ファイル形式」で「PNG」を選択し、「保存」をクリックします。

新しく作成されたPNGファイルには、PDFファイルの各ページに応じて、ページ番号による名前が付与されます。 そのため、必要な画像ファイルを簡単に見つけることができます。

PDFドキュメントを画像に変換する場合、JPGとPNGのどちらを選ぶべきか?

PNGファイルはJPGファイルに比べて画質が良くなります。PDFファイルに多くのテキストが含まれている場合、文書の読みやすさを維持するためにも、PNG形式を選択されることをおすすめします。

ただし、PNG形式は画質が良い分、JPG形式よりもファイルのサイズが大きくなる傾向があるため、ストレージの容量を節約することが最優先事項である場合は、JPG形式を選択するのがベストです。

PDF Expertでは、上記と同じような方法で、JPGまたはPNG画像をPDFに変換することもできます。


PDF Expertは、600万人ものユーザーに信頼され、Appleから表彰された、あらゆる場面で役立つ便利なMac向けPDF編集アプリです。 PDFドキュメントの編集や結合、サインの記入、パスワード保護など、あらゆるPDF作業に対応できるツールはすべて揃っています。

今すぐPDF Expertを入手して、ぜひ試してみてください!